比較が大事!クレジットカードを作る前の準備

  1. ホーム
  2. 住み続けるのか

住み続けるのか

お金とだるま

住み続けるか売却するか

住宅ローンの返済途中で離婚をするなら解決しなければならない問題がいくつかあります。まずは何をおいても一番に弁護士に離婚相談に行くべきです。そうでないと、借入れ先の金融機関と、もめることになりかねません。家に住み続けたい場合も、売却したい場合もどちらも同じです。まずは妻が離婚後も住み続ける場合を説明します。住宅ローンの名義が夫だけの場合でも妻が連帯保証人になっていたり、共有名義になっている場合は離婚しても妻が返済を求められることがあります。いくら夫が支払いを約束していても、万が一滞納してしまえば妻に請求がきます。妻も支払えない場合は競売にかけられてしまいます。連帯保証人であれ、共有名義であれローンが完済しない以上は妻の名前をはずすことは難しいでしょう。夫がローンの債務者のまま、妻だけが住み続ける場合は債権者が承諾しないケースもあります。債務者と居住者が一致していないことでの契約違反や滞納が心配されるからです。納得してもらえるようにするには、弁護士を通しての交渉も必要でしょう。

住宅ローンが残っていると高く売れない可能性

離婚を機に家を売却する場合はどうでしょうか。住宅ローンの残債務と今現在の家の査定価格を比べてみましょう。査定額の方が大きければ問題ありません。債権者の承諾も得られるでしょう。売却益を夫婦で分割すれば終わりです。しかし残債務の方が大きい場合は厄介です。抵当権がついたままの住宅の売却は市場価格より安く取引されるでしょう。又、債権者の同意を得ることも難しいでしょう。この場合は任意売却という方法で交渉することが出来ます。お互いが気持ちよく再スタートを切るためにも、お金のトラブルは避けたいところです。住宅ローンを抱えているなら弁護士に相談して最善の方法を見つけてください。弁護士には得意分野がありますので、離婚問題が得意な弁護士を探しましょう。ホームページなどを見ればわかります。